2011年以前

工事中
写真が正しく表示されません


12月17日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

塙由理子(p)、斉藤寿一(g)

 


12月11日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

今年最後の月例セッションでした。毎年恒例の忘年会を兼ねるという、いわば「酒池肉林」(言葉の純粋な意味は見当
違いですが、表現できる雰囲気は近いものが…)の様相に気後れされた方も… 居ないか。

さて、相変わらずニギニギしく盛り上がった「忘年会」は、
ボーカル   4名
管楽器    5名(内1名はビジター)
ギター    3名
ピアノ    6名(晴さんをピアノでカウント)
ベース    5名
ドラム    4名
の総勢27名の酔っ払いの集団と化しました。
まあ、YCAの「忘年会」ですから。

前半20曲は、いつものように係りの人間による指名制でまわし、後半17曲は、ご希望を募ってのメンバーで繰り広げ
ました。

演奏内容について云々するのは、食傷気味でしょうから、その「忘年会」の様子を見てとれる写真を数枚アップします。


ベースのAさん「俺さ、前々からKさんとヤリタカッタんだ」
ギターのKさん「へェ〜。へェ〜」
ベースのAさん「Kさん、こっち向いてよォん(ハートマーク)」


やっぱ「忘年会」には、バック・グラウンドで何か鳴ってなくちゃね。


Hさん「おい、ソロが長くないか?」
Gさん「困った、どうやって終わろうか????」


Kさん「メ○○○ーズの練習しちゃうんだもんね。」
Mさん「あたしゃ、ここで何してるんだろか?」


Kさん「ヤバイ、真っ赤だ。赤過ぎる。まっかっか。だ。」(ギターの事ね)

こんな感じでした。はい。
注)文中4ヶ所の「忘年会」はお好みにより「セッション」に置き換えてもよろしいかと。

では、また何処かでお会いしましょう!
皆様、良いお年をお迎え下さい。

リポート by こじじ


11月26日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

平栗康夫(Asax & Fl)、浜田陽子(P)、天笠克己(B)、工藤純一(D)


11月20日(日) 第41回 YCA秋の室内コンサート

場所:APPLAUSE (メディア・ビジネス・センター)
入場料:¥1,000-

出演バンド
写真提供:久保田さん
12:30−13:00 @November 20th
 

13:05−13:35 AGiantstops


13:40−14:10 Bセブンスハイ
 

14:15−14:45 C1st ボーカルタイム
  



14:50−15:20 D横濱ブルーデビルズ
 

15:25−15:55 Eザ・グリッスメン


16:00−16:30 FStablemates
 

16:35−17:05 GMelodys


17:10−17:40 H2nd ボーカルタイム
  

17:45−18:15 IHot Club de Yokohama
 

18:20−18:50 Jリコネクション
 

18:55−19:25 K横浜モダンジャズクラブ


19:30−20:00 LElegance of Time
 
 

20:05−20:35 MSJT
 


11月13日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

一月経つのは早いですね? え? 遅いですか?
待ちに待った11月の月例セッション。
今回は、秋コンのボーカルタイムをセッションの中に組み込むという、セッション係りの独断を持ち込み(幸いにして非
難の声があがらず、さすが気配りのYCA!)進行のほとんどを、ボーカルとインストを交互にという形でやりました。

参加人数は、
ボーカル 9名
管楽器  6名
ギター  5名
ピアノ  6名
ベース  6名
ドラム  4名
の総勢36名と賑わいました。演奏した曲数は、全部で40曲。
ボーカルの方は、一人2曲か3曲。歌が全部で23曲でした。
とすると、40ひくことの23だから。。。。。

時間を勝手に延長して18時半までやりましたが、長時間リトルジョンに居るなかで、演奏機会が少ないというのは、や
っぱり気になります。根本的にシステムを再考しても。などと思いますが、あまり突っ込んでも、「突っ込み甲斐
が無い」ので、止めときます。(小嶋)

で、肝心な演奏内容などに関して私見を少々。
まず、ボーカルの方へ
セッションだから、その時限りのメンバーで、(馴染みの曲でも)ボーカルキーで演奏するから、プチ打ち合わせが演奏
前に入るのかもしれませんが、セッションだからこそ、しっかりとした譜面を用意して、「譜面どおりです」の一言で演奏
をスタートさせられるようにしましょう。
次に、ドラムの方へ
演奏中は、ご飯のオカズや新聞記事についての考え事は止めましょう。
次に、ベースの方へ
ご自分の音量については、細心の注意を払いましょう。
次に、オーディエンスの方々へ
静かな曲の時は、静かに雑談しましょう。

オマケ
昨日の演奏風景より(砂漠からダイヤモンドを探すという旧知のパターン)

こんなメンバーの演奏は安心して聴いていられますね、
しかし、ギターを弾いているSさん。H男さんに「笑顔で!」なんて声をかけて居ながら
実は一番○○い顔して演奏しているのは…
あとベースのAさん、どこで演奏しても、そのお顔は仏像彫刻のようで、「有り難い」気持ちになります。(心の中で、手を
合わせております)


H男さん、ウッド・ベースを弾く!(スクープじゃありませんか?)右手がエレベの時と同じですが、まあ我慢しましょう。
それと滅多にセッションに参加されないSさん。いいですねェ、色っぽいギター。
H男さんの堅実なベースとSさんの艶やかなギター。お二人とも謙遜してしまうでしょうが、昨日のハイライトでした。

さて、オマケにさらにオマケ(太っ腹)をつけますが…
こじじ個人的には、ほぼ13時丁度くらいに始まったベースとギターのデュオとそれにサックスが加わった(実は副会長
がドラムを叩くというサプライズ付き)2曲が、隠れ一番の演奏でした。
聴き逃した方、残念でしたねえ。

以上。
セッション・レポートはこじじでした。では、12月にまたお会いしましょう!


10月22日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

浜田陽子(p) 渡部雪夫(g) 天笠克己(b) 工藤純一(ds) 北島みゆき(vo)




10月16日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

10月16日月例セッション・リポート           byこじじ
 早いもので、10月のセッションも終わり、気持ちは秋の室内コンサートに向けて新たな昂ぶりを感じるようになりまし
た。一年って本当に短いんですね。

 さて、10月のセッションは、ボーカル3名、管楽器6名、ギター3名、ピアノ2名、ベース2名、ドラムス6名の総勢23
名。最近では比較的少ない参加人数でした。
 ビジター4名を迎え入れ(内1名は、その場で会員になりました)、5時迄と短い時間ながら全部で26曲の演奏と歌で
した。
 今回は、キャメラを持って行くのを忘れたので写真のアップがありませんが、その様子は、「いつもと同じ」でご理解願
います。
 2,3ヶ月おきにいらして下さるビジターのテナー・サックスT山さんの成長ぶりには、目を見張るものはありませんが、
何故か微笑ましいと思えるこじじであります。実は身なりもいつもキチンとしていて、「タダモノじゃない」雰囲気はプンプ
ンの「オモロイ」オジサンです。

 個々の演奏については、何ら印象に残るものは無く、これまた「いつもと同じ」で片付ける事にします。しかし、これで
は何処ゾからお叱りの声を頂戴する危険性がありますので、特別にスペシャルなリポートを…
 セッションの本編が始まる前に(リトルジョンには数名の参加者しかいない頃)噂ではギターを止めてベースに転向す
るKさんが、一曲だけベースを弾きました。言っちゃ悪いけれどKさんは、その貧相な容貌からとてもベースが似合うと
はお世辞にも言えませんが、しかしそのプレイぶりは…

あ!?ここで、字数制限に引っ掛かりました。残念。では、また来月。


10月8日(土)&9日(日) 横浜ジャズプロムナード

時間:12時〜17時
場所:桜木町駅前「クロスゲート」

YCA所属のバンドを2日間にわたり楽しめます

10月8日


12:00〜12:40 横浜ブルーデビルズ 


12:55〜13:35 M3 
13:50〜14:30 Hot Club de Yokohama
14:45〜15:15 ボーカルタイム 
  
左から阪井美幸さん、太田由美子さん、中島利剛さん

15:30〜16:10 小嶋トリオ 


16:25〜17:05 ザ・グリッスメン 

10月9日
11:45〜12:15 Melodys
12:25〜12:55 セブンスハイ
13:05〜13:35 Stablemates
13:45〜14:15 リ・コネクション
14:25〜14:45 ボーカルタイム
14:55〜15:25 横浜モダンジャズクラブ
15:35〜16:05 Elegance of Time
16:15〜16:45 ザ・グリッスメン
16:55〜17:25 オクトーバー9th


9月24日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

塙 由理子(p) 小嶋 眞二(g)

 


9月11日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

9.11セッション見聞録 repoted by KGG
 
皆さん、揚げたワンタンの美味しい季節ですね。
ちなみに私のお昼ご飯はお蕎麦でした。

9月の定例セッションは、
ボーカル 7名
管楽器  3名(時々4名)
ギター  3名
ピアノ  6名
ベース  3名
ドラムス 8名
の総勢30名にて、とても賑やかに開催されました。ま、言ってみれば「いつもと同じく… 」です。

ビジターの参加にも恵まれ、また観客の方もいらして、ハタから見ると、充実したセッションと言えたでしょう。(これは、
言外に「充実していない」と宣言しているわけではありません)

いつも無理やり、かなり苦労して、恥を忍んで、自我を曲げて、家訓に反して、法律を犯し、泣く泣く… 笑いながら、そ
の日のセッションの「良いところ」をピックアップしているレポートではありますが、今回も少しばかり気になったところを。

まず、演奏する曲の事を考えましょう!
今回のセッション・テーマをご存知でしたか?
先月に引き続き… でした。
付け加えるならば、すぐ前に演奏された曲、その前の曲と流れている空気を読みましょう。
でも、1ヶ月に一度、この日を楽しみに楽器を持って集まるって事もとても重要な事ですから、大目に見ましょう。
来月は、ジャズ・プロムナードという大きなイベントもありますから、次のセッションでは、自分が所属しないバンドが演
奏した曲を取り上げる。なんてのも面白いかもしれません。

今回は、コトブキさんの「ボディ・アンド・ソウル」に少し救われました。

次に、ボーカル・ナンバーで「スターダスト」の演奏中に、テナー・サックスが一人伴奏で加わっているところに、もう一人
テナー・サックスが後から入りましたね。
私はセッションの係りをやらせてもらっていますが、基本は「参加者の自由意志の尊重」に留意しています。

が、アレは何ですか?
聴く側に座っていた20数名の皆さん、どう思いましたか?
もっとユルユルでズルズルの「セッション」にしましょうか?

あら?
良いところを書いたつもりが、、、、
まあ、当日その場にいらした方々が「良いところ」は十分にご承知でしょうから、あえてこのレポートになくてもイイです
ね。


8月27日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

上原Gan(Cl)、中島ユカ(Pf)、Jaco天笠(B)、小高達男(Ds)




8月14日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

写真&レポート:セッションマスター 小嶋
 

皆さん、熱くなりましたか?色んな意味で。
8月14日のYCA月例ジャム・セッションも大変に盛況でした。

 私には、爺ちゃんの懐かしい声が耳に届いていましたよ、「こら、お盆にゃ墓参りのひとつでも、ちゃんとせないかんば
い。」だから、敢えて言いましょう。
 お盆くらいはオウチに居て、もしくは、実家に赴き普段自分を支えてくれて居る家族・ご先祖様に心から感謝の意を表
しましょう。

 まるきり油断していました。
今日は流石に人出は少なかろうと。その証拠に、私は楽器を持って行きました。
ま、結果は徒労に終わりましたが、、、、、

 では、ここからセッション・レポートの始まり。
本日は、総勢34名(今年の5月と同じく最多)内訳は、ボーカル10名、管楽器5名、バイブとピアノで5名、ギター4名、
ベース4名、ドラム6名。内ビジターさんが8名。(本当にウェブの功績が大ですが、個人でもビジターを招いて下さる会
員もいらっしゃいます)感謝!感謝!

 ボーカルの皆様が一巡するのに3時間近くかかりました。本当に辛抱強くこじじを殴るでなく、蹴るでなく、お待ちいた
だきまして、これまた感謝!
 演奏された曲は、全部で39曲。歌が多かったので、1曲の演奏時間が短く、回転よく進行したと評価されて叱るべき
 ←X 然るべきでしょう。
しかし、個々の演奏曲数は、例えば初めからいらしたメンバーからすれば、限度を越えた「少なさ」ではないでしょう
か?もしかしたら、新しい試みを考えてもよい時期にさしかかっているのかもしれません。ま、議論を呼ぶお話です
が、、、

 さて、演奏の内容ですが、どの演奏も熱がこもっていて気持ちの良いものばかりでした。崩れそうになったり、ロストし
たり、拍がひっくり返ったり、細かい事象は多々ありますが、そこから「お土産」を個人個人が持ち帰り、次に繋げる材
料ができると言う事もあって良いかと思います。
 本日、特に目立った演奏は、お馴染みになりつつあるテナー・サックスのビジターさんの「RUBBERNECK」という曲
での演奏。皆さん、ご自分が一番急加速で上り坂を駆け上がっていった時分を思い出しませんか? あの時、バックの
演奏者が一斉にブレイクしてサックスのソロになっていたらと悔やまれてなりません。

 本日のセッションには、あまりセッションで取り上げられないけどイイ曲を持ち寄ってとテーマを掲げていましたが(ご
存知でしたか?)、先月から含めて実現にはほど遠い状態でありました(勿論、参加メンバーに落ち度はありません)。
 よって、次回9月11日のセッション・テーマは、引き続き同じとします。今度はボーカルさんにも同じテーマを課しま
す。よろしく。
「ああ、この曲知ってる。イイ曲だよね、でもセッショじゃあまりやらないね。」をお忘れなく、奇をてらった選曲を望んでい
るわけではありません。地名度の高い曲を選びましょう。(無理かな?)

最後に、再確認の意味で、
リトルジョンに於けるYCA月例ジャム・セッションは、会員はチャージ無料ですが飲み物を購入していただけるようお願
いします。食べ物の持ち込みはフリーですが、飲み物の持ち込みはNGです。リトルジョンとYCAとの良好な関係維持を
考えれば、言わずもがな。ですね。
(ああ、こんな事書きたくない)

では、皆様9月も元気なお顔で、沢山楽しみましょう。


7月30日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

elegance of time + チャーリー平栗 + Vo




7月24日(日) YCA夏の室内コンサート

時間:12:30〜
場所:キングスバー
入場無料ですがドリンク代(500円)が必要となります

出演バンド
HOTTER THAN JULY / 横浜ブルーデビルズ / セブンスハイ / Hot Club de Yokohama
Kohn Shell / Elegance of Time / Stablemates / リコネクション / Melodys / ザ・グリッスメン
横浜モダンジャズクラブ
ボーカル、セッション タイム もあります

写真提供:久保田さん
HOTTER THAN JULY
 


横浜ブルーデビルズ
 

セブンスハイ
 



ボーカルタイム


Hot Club de Yokohama
 



Kohn Shell
 

Elegance of Time
 



Stablemates
 



リコネクション
 



Melodys
 

ザ・グリッスメン
 

横浜モダンジャズクラブ
 

ボーカル後閑! じゃなくてシメの会長挨拶



7月10日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

写真&レポート:セッションマスター 小嶋
 

 さて、アッという間に梅雨が明け、真昼間に繁華街を歩くのは辛いコジジですが、行って来ました「月例のセッション」
に。
 朝一番の用事が長引いたおかげで、ルーチンの「ザ・ラーメンで昼食」ができなくて、コジジにとっては「月例」の意味
合いが半減、、、、、どうでもいいですが。

 セッションには総勢26名が参加。ボーカル4名、フロントに5名、ギターが5名、ピアノが3名、ベースは5名、ドラムが
4名となかなかのバランスでした。演奏してもらった曲は、全部で35曲。
 ひとつの楽器に大勢集まると、演奏する数も少ないし、なにより待つ時間が長くなってしまうので係りの人間としては
悩ましいところです。が、昨日のような分布状況でも、結局同じ状況は生まれてくるようで、、、、、、、申し訳ない。
 昨日のセッションでは、ビジターが6名参加してくれました。ウェブ・ページの功績が「大」であると実感しております(ユ
キナベさんに拍手!)。ボーカルで2名、ギターで1名、ベースで1名、ドラムで1名、そしてハーモニカで1名、その内ボ
ーカルの1名がその場で会員になりました(拍手!)。

 セッション・テーマに「セッションではあまり演奏しない曲」を掲げてみましたが周知の具合が良かったのか? 悪かっ
たのか? 少し疑問であります。ので、来月8月のセッションも「同じテーマ」で臨む事とします。「あら、こんなイイ曲もあ
ったのね」を狙って、選曲して来て下さいね。

 今回の演奏の内容については、2点ほど。
まず、ハーモニカってイイですねェ。トゥーツ・シールズマン(ブルーゼットの作曲者)を思い出しました。1975年のポー
ル・サイモンのアルバムで「ホーボーズ・ブルーズ」って曲をギターとハーモニカのデュオで演奏していますが、コジジも
ギター持って彼と演奏したくなりました。
 次に、これはコジジも含めての「課題」と言えるかもしれませんが、テンポの速い曲をバッチリ演奏したい、演奏して欲
しい。演奏者個々のタイム感というかテンポに関しての感じ方(上手く表現できない)にバラツキがあると思うのですが、
速い曲を演奏すると如実に現れてくるのが「残念」ですね。実際には、テンポが速くなくても微妙に「違う」感じがいつも
するんですけど。
 いつの日かセッション・テーマを「テンポ200以上縛り」にしよう! なんて思うだけで、実際はやりませんよ。(でも、コ
ジジができるようになったら、言っちゃうかも?)

 来月も、元気な笑顔でお会いしましょう。水分を沢山摂って、暑い真昼間は薄暗い小屋の中で楽しい事を沢山しましょ
う!


6月25日(土) YCAセレクション in さんぽみち

時間:午後2時〜
場所:ふれあいショップ さんぽみち (喫茶&ギャラリー)
横浜市栄区桂町279-29 栄公会堂地下

お店のHP&MAP↓
http://www.houmon-no-ie.or.jp/sanpomiti/sanpomiti-top.html

天笠克己(b) チャーリー平栗(as) 渡部雪夫(g)




6月12日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

写真&レポート:セッションマスター 小嶋
 

梅雨時とは言え、野菜ラーメンの美味しかった実りある良き1日でした。次は牛タン・ラーメンの出番です。これでオシマ
イにすると多分袋叩きでしょうから、仕方が無いので何か書きます。

ビジター4名に参加いただき、いつもと同じように盛況なセッションでありました。参加人数は25名、演奏した曲は30
曲。毎回、鳥取砂丘で小粒のダイヤを探すような作業に没頭する私でありますが、昨日の収穫は二つ。

写真にもあるように、ピアノの上手なりきえさんが最初にドラムを叩きました。はっきり言ってドラムも上手です。ここで
思い知らされたのですが、やっぱり「音楽はセンス」ですな。無いものネダリしても虚しいだけですが、せめてルックスだ
けでも… じゃなくて少々の音楽的センスが自分に備わっていれば。そんな不毛な妄想にかられてしまいました。

もうひとつは、そのりきえさんですら驚愕させた「ジイャアンとステップス」。
ビジターのK山さんは、毎月はお見えになりませんが、参加する度に着実に成長されていると感心させられます。
そのK山さんが、「ジャイアント・ステップスは、ただのスケール練習用の曲だから色んなテンポで吹ける」と演奏前に豪
語されていて、私の心配をヨソに超絶的なテンポで吹き始めました。

結果は????
「気にするな」とK山さんの顔に書いてありました。

彼のキャラクターは、いじり甲斐があって、私好みです。いやさ、彼から学ぶべきは、その「志」でしょう! 文字通り、K
山さんにとって大きな一歩を踏み出したと言えることでしょう。
言い方を変えてみると「やっちまったなぁ」かな?

戻って「志」=意欲ですね、これを忘れちゃいけない。人間、気持ちが大事。
ほんとおォォォォォォに(←しつこい?)気持ちが大切だな、と思った次第であります。
ハイ。


5月8日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

写真&レポート:セッションマスター 小嶋
  

お日柄も良く(気温は高過ぎ、でも室内だから、、)参加者の出足も早く、
2時過ぎにはピークの人数に達するという、いつもとは様相の異なるセッションでした。 先月の参加人数26名に対し
て、この日はナント34名。演奏した曲数が、先月の31曲から36曲と増えているところに、コジジは感心しましたよ。
(手前ミソ)

さて、高らかに吹聴しまくった「ベースを生音」での企画は、3名のベーシストが一回りした時点で撃沈。理由は、YCAの
コントラバスはピックアップ付き、アンプ使用で、一個の楽器と捉えるべしとのご意見。コジジはとても「素直な」人間です
から、納得のうえ即、プラグ・イン!

そう言えば菊名ジャムという店で(騒音度はリトルジョンにヒケをとらない)遠くも無い昔に、○澤さんというベース弾き
が、「生で十分」とアンプラグドで演奏していたのを一人で懐かしんで居ましたよ。菊名のベースはYCAのそれより鳴ら
ないけどね。。。

中華では、次の企画について「ギターをアンプラグド」とか、「キーF、B♭、E♭禁止」とか、「青本のキーから半音上げ
たり、下げたり」とか、「何も企画要らない」とか、「課題曲を決めよう」などのご意見を賜りました。ふれば応えていただ
けるその協力姿勢が嬉しいコジジでありました。

管楽器6名、ボーカル7名、バイブ1名、ギター4名、ピアノ5名、ベース4名、ドラム7名で、それぞれ演奏機会が少ない
方で1回、多い方で11回。お見えになった時間や途中で帰られた方もいらしたので、一概に判断するのは難しいです
が、5時間という時間の中ではどうなんでしょうね?いつも疑問に思います。
ピアノ・ベース・ドラム以外は全て(ボーカルも)フロント楽器という認識を元に編成を考慮したセッションにしてみました
が、これもどんなもんでしょうか?

さてさて、コジジの独断での今回のセッションでのGOODなパフォーマンス解説。

まずはアルト二管の演奏、ちゃんと用意された譜面で楽しげで良かったですね。「これをやろう」という気概が特に嬉し
いです。また、速いテンポのオレオ、速い曲をちゃんと弾けないコジジですが、思わず一緒に演奏したくなりました(今は
思うだけに留めますが)。

あとガンさんとコーヤマさんが一緒にやった曲は、ノスタルジー溢れる好演だったと思います。


最後に、ボーカルとピアノのデュオ。二人寄り添って(理由は音響のせいですが)、しっとりとした歌には、癒されました。

稚拙な文章ですが、レポートは終わり。6月も元気な顔でお会いしましょう!

無理やり6月のテーマ。
「記録より、記憶に残るセッションをやろうぜ!」 キマリ(笑)
by コジジ


5月8日(日) YCA春のコンサート

場所:横浜公園

関係者協議の上、中止となりました


4月17日(日) 吉田町アート&ジャズフェスティバル

吉田町のサイト↓
http://www.yoshidamachi.org/
吉田町イベントのページ↓
http://www.yoshidamachi.org/event.html

出演バンド&演奏順
横浜ブルーデビルズ、セブンスハイ、エイプリル・フール、Melodys、Elegance of Time、
Hot Club de Yokohama、Stablemates、横浜モダンジャズクラブ、ザ・グリッスメン

写真提供:佐々木さん


 



 

 

  
  
  


演奏以外の写真も多いけど、こういうのも当日の雰囲気がわかっていいですねぇ。
最後の写真の後閑さん、「満面の笑み」の見本のようであります。
by 管理人


4月10日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜6時
場所:リトルジョン

写真&レポート:セッションマスター 小嶋
 

 

 4月の定例セッション(10日)は、総勢26名の参加者に恵まれ、いつもにも増して、賑やかなセッションになりました。
 管楽器奏者が8名と久しぶりにフロントが豪華になり、またビジターを4名迎え入れ、充実したセッションであったか
な?と思います。
 ただ、いつも気になるのですが、同じ楽器のプレイヤーの人数によっては演奏機会に不均等が生じてしまいますが、
流石は皆様「大人」で、今回は、お叱りを受けることなく進行させる事ができました。
 参加者の皆様のご協力には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 さて、まだまだ気になる事は少々ありますが、まず昨日のセッションでは敢えてピアノへのマイクのセットをキャンセル
しました。お気づきなった方も多くいらっしゃると思いますが、音量も演奏内容の重要なファクターです。
 演奏を聴いている側に与えるインパクトも大切ですが、私が言いたいのは、演奏者がいかにパートナーの音を捉えな
がらプレイするか?と言う点です。
ダイナミクスという観点から、音量は小さければ良いと言う訳では無い事に、反対のご意見は無いかと思いますが、ミ
ニマムとマキシマムとの間を自在に操る事も大切なアレンジのポイントでしょう。
 勿論、私を含めてアマチュア・レベルで「自在に」には無理があるかも知れませんが、声を大にして言いたいのは、そ
の意識があるか?無いか?です。

 昨日の演奏を例にして言うならば、りきえさんカルテットの「アイル・リメンバー・エイプリル」、正井さんカルテットの「グ
リーン・ドルフィン・ストリート」、コトブキさんトリオの「ハブ・ユー・メット・ミス・ジョーンズ」などは、お手本にするに値する
演奏であったと思います。

 話しはまだ尽きませんが、次回の予告。
5月8日のジャム・セッションでは、ウッド・ベースを生で弾いてもらいます。
ベーシストの皆さん。体力と気力をたっぷり補給して来て下さいね。

では、来月またリトルジョンでお会いしましょう!
ほんとおおおおおおおおおおおに、(ネタ古い?) お会いしましょう!


3月27日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜5時
場所:リトルジョン

 
いつもの第二日曜ではなく、変則開催だったので参加者は少なめ
なので、ベースとギターのデュオとか、ピアノとサックスのデュオとか
普段はできないような組み合わせが楽しめた


3月13日(日) YCA創立40周年記念パーティー

ん〜、長い歴史を感じます。お酒と演奏でドンチャン騒ぎになるはず。

場所:KAMOME 横浜市中区住吉町6-76 Tel:045-662-5357
地図→http://r.gnavi.co.jp/a345700/map/
時間:12時〜16時
参加費:¥4,000円(YCA会員は補助アリ)

演奏バンド
横浜ブルーデビルズ、セブンスハイ、Hot Club de Yokohama、Melodys、Elegance Of Time、
マーチ・ヘアー、Stablemates、KORN SHELL、佐々木・石川デュオ、リコネクション、
名誉会長スペシャル/セッション

 
会場はビッグネームもライブを行う名店「KAMOME」
シックな外観に似合わぬ、奥ゆかしさのかけらもない看板。まっ、目立つことも大事だからね
受付は副会長。記念品のピンバッジを配布


東日本大震災の被害者へ黙祷… ご冥福をお祈りいたします

  
40周年の記念セレモニーは名誉会長挨拶から
来賓を代表してスウィング・ジョーカーズの久保井氏から祝辞
カンパイは小嶋キャップ

 
お酒が入り会場は一挙に和やかに
前菜はサーモンとホタテのマリネ


演奏のトップは「横浜ブルーデビルズ」
ts:上原GAN g:橋本幸俊 pf:恒川直樹 b:下山田巌夫 ds:斉藤礼一
演奏曲は「New Orleans」「In A Mellow Tone」
今回は各バンドの演奏時間を少なめに設定なので2曲ずつくらいであります


2番目は「セブンスハイ」
ds:清水逸雄 g:中尾文彦 pf:吉田春夫 as:後閑猛
演奏曲「ステラ・バイ・スターライト」「フェリシア」
後閑会長、清水さんともYCA創立当時からのメンバー、記念パーティーにふさわしいですね


3番目は「Hot Club de Yokohama」
g:渡部雪夫 g:斉藤寿一 g:小嶋眞二
演奏曲「Csardas」「Minor Swing」
ほかのバンドもそうだけど、この日はレギュラーメンバーではなくスペシャル・ユニットが多かった


4番目は「Melodys」
b:小寺敬輔 ds:堀正弘 g:斉藤寿一
演奏曲「Like Some In Love」「Just In Time」
こちらもスペシャル・ユニット、写真がボケボケでゴメン


5番目は「Elegance Of Time」
b:天笠克己 fl:藤沢薫 pf:浜田陽子 ds:工藤純一 vo:北島みゆき
演奏曲「Be Be」「Feel Like Making Love」
フルメンバーでの参加でありました


6番目は「マーチ・ヘアー」
b:こうへいくん ds:宮さん pf:中島 fl&ss:Tama
演奏曲「Funk In Deep Freeze」「Taujering」
新ユニットかな?


7番目は「Stablemates」
g:斉藤寿一 pf:塙由理子 b:塙明 ds:八田裕司
演奏曲「Daahoud」「Lucky Southen」
ほぼフルメンバー (ん〜、だんだん書くことがなくなってきたなぁ)

 
MCは石川氏、いつもどおりのカル〜イ感じ
会場は演奏を聞きつつも、食べ〜の、飲み〜の、歓談し〜の…


8番目は「KORN SHELL」
g:小嶋眞二 vo:中島利剛 ts:正井豊 b:下山田巌夫 ds:五十嵐旭
演奏曲「Making Woopee」「A Wearer Of Dream」
いつもより大人数であります


8番目は「佐々木・石川デュオ」
g:佐々木道大 b:石川和政
演奏曲「I Remember April」「Beautiful Love」
本日最小ユニット


9番目は「リコネクション」
pf:皆川良子 as:チャーリー平栗 b:天笠克己 ds:宮岡千俊 vo:早川敬子
演奏曲「Love For Sale」「It Might As Well Be Spring」
こちらはフルメンバー


最後に登場は「名誉会長スペシャルセッション」
as:角田与志夫 vib:斉藤晴久 ds:斉藤礼一 pf:塙由理子 b:下山田巌夫
演奏曲「Don't Get Around Much Anymore」「My Little Suede Shoes」
ザ・グリッスメンのツワモノ(角田氏、両斉藤氏)がメインのユニット

40周年記念パーティーというおめでたいイベントなので、各バンドの演奏内容のコメントは自粛
メンバー構成とかどうでもいいことを書いてしまいました

 
最後は後閑会長の挨拶でシメ… なのだが、コレが長かった
数十年のアレコレがよみがえり、よほど嬉しかったようで… ベロベロの酔っ払い状態
それをあたたかく見守る会場は… というより「あ〜、酔っちゃて〜」の苦笑ですかね

このあと長年代表を務めた角田名誉会長に花束贈呈で終了
なかなか良いイベントだったと思う


2月13日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜5時
場所:リトルジョン


1月9日(日) YCAジャムセッション

時間:午後1時〜5時
場所:リトルジョン

今回も大勢の参加でありがとうございます
店内はこんな雰囲気であります

次回からセッションマスターのコメントを入れるとして、今回はテキトーにアップしました

 
前半はピアニストが少なく りきえ さんに休みを与えておりません


トロンボーン2管は珍しい、J&Kみたい

 
フルートもいます、ボーカルもいます
個人的には久々に参加のds”あらくれもの黒崎”が良かった



2010年 ヨコハマ・ジャズ・プロムナード

 

 

2010年 夏の野外コンサート

  

  

以下手元に有る写真からテキトーにチョイス
掲載写真を募集中! YCA会員の皆様、写真を送ってください
 

 


トップへ
トップへ
戻る
戻る